ハナミズキ

ハナミズキが、やっと沢山咲きました。

3年かかりました。

白のハナミズキ、とても良いです。

来年も、咲いてくださいね。



| 季節 | comments(0) |

大阪マラソン走りました。

やっと大阪マラソン、走りました。

25キロまでゆっくり走って、後は歩きました。

6時間40分くらいで、ゴールしました。

練習不足で、記録的には、今の状態では、こんなもんです。



| マラソン | comments(0) |

今年も落選

今年も、大阪マラソン落選でした。

これで、7回連続外れました。


何とか、私が走れる間に当選させてください。

マラソンの神様。



| マラソン | comments(0) |

だんじり祭桟敷席

今年のだんじり祭の桟敷席を確保しました。

本番が、今から楽しみです。



| 岸和田 | comments(0) |

いつでもやり直せる
私の父は、1936年福井県金津町(現在の芦原温泉の辺り)生まれで今年78歳になります。

父は、高校に入るのに浪人をしています。
高校の受験に失敗したからではなく、家計を助けるために中学を出て働いたのでした。

社会に出て半年も経たない頃、学問の大切さを知ったらしいです。
当時の中学の先生が良い先生で、それなら放課後に学校に来て勉強しなさいと言ってくださり、学校で高校受験勉強をさせて貰ったそうです。
その甲斐あって、父は1年浪人して高校に入学できました。
その後も勉強を続け、大学にも行き卒業いたしました。

「自分が気がつけば、いつでもやり直しは出来るんやで。長い人生の中で1年や2年どうって事はない。大切な事は自分が気づき真剣にやるかどうかなんやで」と話してくれた父がとても逞しく思ったものでした。

今と当時では時代も変わりましたが、「真剣にやれば、いつでもやり直せる」と思う心を持ち続けたいと思います。

 


| ひとり言 | comments(0) |

自責と他責
生きていると、勉強でも遊びでもスポーツでも仕事でも(他色々)失敗を人の責任にしてしまう場面に遭遇します。

失敗の原因は他人にあり自分にはないと言い放ったり行動したりして、それでお仕舞い「あんたのせいやで!」ハイ終わりって自分がなったり、人がなっていたりしているのを見かけませんか。

失敗を人の責任にする事はその場では楽な事ですが、そこには何の発展性も生産性も無いなといつも思います。

見方を変えて、自分に何か出来なかったかなとか、自分に失敗の原因が無かったかなと考えたり反省したりすれば、これから先の結果を良い方に変える事も出来るのではないかと思います。


 


| ひとり言 | comments(0) |

ターニングポイント
逃げるのをやめた時が、私の人生のターニングポイントでした。

私は29歳迄転職を繰り返し、前職のフジ住宅が4度目の会社でした。
今振り返ると、壁にぶつかると転職していたって感じでした。

フジ住宅でも壁にぶつかりましたが、良い上司に巡り会ったこともあり問題から目をそらさず、逃げずに一歩を踏み出す事で道は開けました。

自分が気付き、ほんの少しの勇気と、ほんの少しの行動力があれば、年齢に関係なくその時が人生のターニングポイントになるんだと思います。






| ひとり言 | comments(0) |

マラソンエントリー
今年も、大阪マラソンと神戸マラソンにエントリーしました。
4度目のエントリーですが、過去3度は何れも抽選で外れてしまい、走られませんでした。
大阪は大阪城から御堂筋、大阪ドームに通天閣、神戸は、神戸市役所から明石海峡大橋の舞子を折り返し、長田の鉄人28号からウィングスタジアムと、どちらの大会も観光コースのようなコースとなっていて、一度は走って見たいコースです。
抽選は、6月です。
当たりますように。



| マラソン | comments(0) |

見返りを期待しない
松山千春さんが、ラジオ番組のトークで下記のように話された事が、ヤフーニュースに出てました。

若者に向けて「お前たち若い人間に足りないのは、見返りを求めすぎることだ」と話し始めた。続けて「恋愛にしても、仕事にしても、私がこれだけしたんだから、彼はきっとこうしてくれる。私がここまで捧げたんだから、彼なら絶対こうしてくれる、それはあなたが見返りを求めているだけでしょ。見返りを求めようとすると、どうしても苦しくなる。周りが信用できなくなる。俺はこの人生を何の見返りも求めることなく、ただ生きていたい。見返りさえ求めなければ、あなたはあなたのままで、この人生を歩いていくことができる」と語った。

そうだなと感じました。





| ひとり言 | comments(0) |

明日がある
明日がある。

昨日は変えられないけれど、明日は変えることが出来る。

明日はきっと今日より良い日になる。

だから今日の時を大切にしたい。


| ひとり言 | comments(0) |


1/6 >>